軽量化ニーズに応えるアルミ材を用いた冷間鍛造 | Cold Forging Lab.

[冷間鍛造研究所の強み]

軽量化ニーズに応えるアルミ材を用いた冷間鍛造

冷間鍛造(Cold Forging)という加工方法は、その量産部品でのコストメリットを活かす為に、自動車や建設機械などの業界を中心に加工方法として採用されています。昨今、これらの業界ではエネルギ―効率の向上を目指し、部品一つひとつレベルでの軽量化が進められています。これまでは、この軽量化を部品の中空化により使用する材料の量を減らすることで実現していました。

しかし、この中空化は部品のサイズによってはすぐに限界を迎える為、現在では材質変更という視点から軽量化が行われており、軽量化材質の筆頭であるアルミ材を使用した部品図面が多くなってきています。但し、このアルミ材を使用した場合、冷間鍛造という加工方法は難易度が上がる為にどの企業でも対応可能というものではなくなり、精度保証はもちろん、アルミの冷間鍛造自体の対応が不可という企業も少なくはありません。 なぜかというと、アルミの冷間鍛造では工程において発生する加工くず(チップ)の比重が鉄・特殊鋼と比較して非常に軽いことから、冷間鍛造で使用するフォーマー機内で飛び散ったり、アルミとパンチの間で加工くずとして残ることが見られ、その結果として金型を痛めたりと設備・工具の劣化を招く材質であるとされているからです。

一方で、冷間鍛造研究所(Cold Forging Lab.)ではアルミの冷間鍛造を行う上で必要となる加工設備と加工ノウハウを保有することで、上記にあるようなアルミの冷間鍛造における懸念点を解消し、アルミ材を用いた冷間鍛造を可能としています。

下記には、これまで冷間鍛造研究所で提案してきたアルミの冷間鍛造品を紹介しています。これらは、各業界において軽量化ニーズを捉えた部品となっており、精度面でも±0.01mmまでのアルミ冷間鍛造の量産が可能となっています。

《アルミニウム鍛造によるメリット》

  • 冷間鍛造用鋼材と比較して、1/3程度の比重で軽量化を実現
  • 鍛造により、アルミ部材への強度向上を実現
  • アルミ材を使用した角形状の高精度鍛造加工も実現

冷間鍛造研究所(Cold Forging Lab.)のアルミ材冷間鍛造の最新事例

冷間鍛造研究所(Cold Forging Lab.)が提供するアルミニウム冷間鍛造品の最新事例について紹介をしています。近年、軽量化・高精度化のニーズが様々な業界で求められてきており、アルミニウムを使用した冷間鍛造品は自動車部品、航空機部品、バイク部品、自転車部品、空調機器部品、エレクトロニクス機器部品、光学機器部品、真空機器部品等で求められています。

最新のアルミニウム冷間鍛造品(Aluminum Cold Forging)について、サイズ、精度、業界、用途、加工におけるポイントなどについて詳細を説明しています。アルミニウム冷間鍛造が気になる方は、各詳細ページをご覧ください。

お問い合わせ

06-6968-4981
メールでのお問い合わせ

先着100名様
技術ハンドブック
無料プレゼント!