当研究所の冷間鍛造品試作ラボ| Cold Forging Lab.

当研究所の冷間鍛造品試作ラボ

冷間鍛造研究所だからできる冷間鍛造品の試作開発対応!

冷間鍛造研究所では、パーツフォーマー機による量産加工に加え、社内で機械加工よる試作開発、量産化に向けた冷間鍛造用金型の設計・製造、さらには試し打ち、量産型製造・量産加工まで幅広く対応しています。冷間鍛造により量産加工を行う企業では、多くの場合、金型を外注に出していることが多く、当研究所のように金型の内製化を行っている企業は少ないと言えます。

その為、当研究所様々なメリットの提供が可能となっています。

冷間鍛造研究所の試作ラボでは、金型設計・製作~試作加工までをメインに取り扱っており、他の工法で製作をしていた部品の工法転換によるコストダウン・強度向上提案や、既存の冷間鍛造品に対する高品質・高精度化提案が可能となっています。

冷間鍛造研究所では、設計開発担当者の方、調達購買担当者の方、各々に対して、最適な提案が可能となっています。

各々冷間鍛造を活かして、試作ラボを活かすことで、冷間鍛造における金型設計から試作加工~量産工程までを考慮した最適なソリューションをご提供させていただきます。冷間鍛造への工法変換・既存部品の精度・品質向上に関するご相談は、マツダが運営する冷間鍛造研究所までどうぞ!

調達・購買担当者の方へ

試作~量産までの
最短1ヶ月での量産立ち上げを実現!

冷間鍛造研究所では、量産工場としては珍しい冷間鍛造金型の内製化を実現しています。既存部品の冷間鍛造化や、新たな部品の立ち上げを最短一か月で実現しています。

試作段階からのご相談は、冷間鍛造研究所にお任せください。

設計・開発担当者の方へ

楕円形状・角形状などの異形状品や
薄肉形状品の加工にも対応

当研究所の試作ラボでは、他社では難しいとされる異形状品・薄肉形状品の製作実績を多数保有しています。

これまでは、「機械加工で製造」もしくは「冷間鍛造+機械加工で製造」という選択肢しかなかった異形状の鍛造部品に対しても冷間鍛造のみで加工し、コストダウン・品質向上提案が可能です。

細かい仕様変更や、精度面での変更等
御客様のご要望に柔軟に対応

設計・開発段階の案件では、試作~量産工程において、様々な仕様変更等が発生します。当社では、機械加工設備を活かした試作・冷間鍛造による試作~量産までの一貫対応により、スピーディーな対応が可能となっています。

冷間鍛造における設計・開発拠点として、当社試作ラボを利用してください!

金型設計・製造を内製化した、冷間鍛造研究所だからできる試作開発対応

  • 角物形状
    角物形状
  • 中ツバ+異形状
    中ツバ+異形状
  • 端ツバ+六角形状
    端ツバ+六角形状
  • 中空+異形状品
    中空+異形状品

金型立ち上げ前の試作開発!コイル材を用いた機械加工により高い再現性を実現!

冷間鍛造研究所の試作ラボでは、設計・開発担当者、調達購買担当者の皆様に対して、徹底サポートを行う社内体制づくりに励んでいます。

一般的に冷間鍛造部費の製造の流れは、機械加工による試作⇒形状確認⇒ 冷間鍛造金型の設計・製造⇒冷間鍛造による試作・量産となります。既に機械加工によって、製造された部品の加工方法を置き換える時でもこの流れは同じとなります。つまり、冷間鍛造による部品製造を行う場合には工法転換であれ、新しい図面であれ、機械加工を挟むことが一般的です。

試作ラボでは、冷間鍛造による成形を行う前の試作開発段階からのサポートができるようにこの工程で必要となる機械加工設備を取りそろえています。

具体的には、CNC5軸複合旋盤・CNC複合旋盤・NC旋盤等を保有し、試作加工対応を行っています。さらに、冷間鍛造用材料と類似した材質を用いた試作加工が一般的な中、当社ではコイル材を使用した機械加工による試作対応を行っています。これにより、冷間鍛造による量産加工を行った際に、部品の材質・精度面で差異が少なく、同タイミングでの不要な仕様変更を防ぎ、スムーズな試作~量産立ち上げまでの提案が可能となっています。

コイル材以外を使うデメリット

  1. ①冷間鍛造材料・冷間圧造材料と類似の材質を選定して加工を行っている為に、冷間鍛造を行った製品と材質の特性の面で違いがある。
  2. ②部品として組み込みを行った際に、ダレや割れ等が発生してしまい、再度、形状変更等が必要となる。

コイル材で試作を行うメリット

  1. ①冷間鍛造による試作・量産を行った際に製造した部品の材質・精度・形状面で同条件の製品の加工が可能
  2. ②同様の材料を用いることで、細かい仕様変更や設計変更を金型製作前にすることができ、最適なリードタイムによる量産品立ち上げ可能
  • 当研究所が保有する試作加工設備
  • 試作品のお申込みはこちら

お問い合わせ

06-6968-4981
メールでのお問い合わせ

先着100名様
技術ハンドブック
無料プレゼント!